オーガニック&ベジタリアンライフ

[278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271

 

 


スリランカツアーが無事終了しました!

やっぱり毎日軽~いスリランカ&アーユルヴェーダ料理だと、野菜とスパイス効果でデトックスが促進されます。

そこにアーユルヴェーダのマッサージや薬が加わると、かなり強力になってくるのです。

スリランカでは毎日アーユルヴェーダやスリランカ料理でしたが、
3色食べても飽きることがなく、東京に戻った日から購入してきたスパイスでスリランカカレーを作っています。


 

この夏はココナッツミルクの消費率が上がりそうです♪

 

あとはなかなか入手しにくい本物のキトゥル・ジャガリも最終日にようやくゲットできました。


 

普通のスーパーではさとうきびを入れて固めた混ぜもの系ジャガリばかりなので、選ぶときはよく注意してくださいね!

 

本物のジャガリはホロホロしていて、手で折る時も簡単にサックリ折れます。

 

もしスリランカで購入するときは本物のジャガリが欲しい!とガイドさんに伝えてみてくださいね!

 

お勧めのお店はこちらのコロンボのオーガニックショップです。


 

スリランカ料理に使用する食材が一通りオーガニックで揃います!

 

こんなお店はスリランカでもここだけだと思いますよ!!!


 

ここでキトゥルパウダーもみつけました。

私は前回の取材で女性性を高めるローズクウォーツマウンテンに登ったので、今回は男性エネルギーの強いシーギリヤロックに登ってみました。



アーリヤリゾートホテルからシーギリヤロックを眺めるとこんな感じです。



 

崖っぷちを階段で上がっていきます。



上に近づくほどハードになってきますが、途中休憩できるところも沢山あるのでマイペースに登れます。

この日はサヌークのヨガマットと布だけでできた”ヨガサンダル(草履)”が活躍しました♪

そういえば、スリランカではおんぶ紐やだっこ紐を使う習慣がないらしく、娘をおんぶして歩いていると、みんな珍しそうに近づいてきて声をかけてくれます。

じゃあスリランカの人々はどうしているかというと、みんな抱っこしているのです。

シーギリヤロックに登る人も、小さな子供がいたらみんなだっこなのです。

一人で抱っこし続けると辛いかもしれませんが、スリランカのママには誰かしら身近な人々の自然で伝統的なサポートがまだ残っているのです。

子育てにゆとりがあるのは実は先進国ではないのかもしれない。。。と感じた瞬間でした。
 


漆喰を塗った岩に古代スリランカの女性が描かれている場所。



頂上は絶景です!



子供が走りまわっても大丈夫ですよ!ちゃんと見守っていれば☆



他にもゾウの孤児院へ行ったり、



ダンブッラ寺院へ行ったり、


 
横たわる釈迦(仏陀)が沢山いましたが、足が揃っているのが瞑想中、



足が微妙にずれているのは、涅槃(ニルヴァーナ)に達しているのだとか。



満月の夜(ポヤデ)は毎月祝日ですが、6月の満月は仏教伝来を祝う日らしく、どこもいつもよりもお祭り状態でした。



ホテルではドクターのアーユルヴェーダ講座を受けたり、

皆さんシロダーラを受けたので、丸一日ターバンを頭に巻いています。



一日だけヨガの先生が不在だったので、私が朝ヨガを担当しました。



シッダーレパのエリキシールやハーブティー講座。



どれも薬効が高いので、お土産にお勧めです!



土・日であれば、マーケット巡りも楽しいですよね!



スリランカのスパイス使いは、インドよりもシンプルなので馴染みやすいかもしれません。



参加者の皆様お疲れ様でした~!

どこにいても、それぞれ繋がっていきましょうね~☆



ボルテックスを感じる場所には、こういった木が必ずありますね♪

都会に住んでいると、とにかく静けさが必要だな~と感じます。

私自身、結婚する前後はかなり厳格なヴィーガンを続けていましたが、夫が雑食であったり「子供には動物性は摂らせたほうが良い」などと根拠のない発言を夫や義母が時々してみたりするもので、子供ができると何かと家庭内では妥協することも度々。

 

お肉はそもそも嫌いなので一切食べないのですが、魚介類、乳卵は時々OKかな?などという時もありました。

 

それが今回のveggyスリランカツアーから戻って、”やっぱり本来のヴィーガンに戻ろう!”とふと思ったのです。

心身がより高次の浄化を求めているのだな~と感じています。

 

プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード