オーガニック&ベジタリアンライフ

[1]  [2]  [3

 

 

現在、渋谷のアップリンクで公開中の映画「パパ遺伝子組み換えってなぁに?」をやっと観ることが出来ました!

 

 

 

どれだけ遺伝子組み換えが世界に流通しているか、そして遺伝子組み換えそもそもの始まりや歴史的&政治的背景、仕組みやカラクリなど、ザックリとポイントがつかめるいい映画です。

 

基本的にアメリカではオーガニック認証マークの食材やNON GMOマーク以外の加工食品は、ほとんどがGMOだと云われているほど深刻な問題らしく、日本にも既に加工食品の素材として、さらに輸入加工食品として沢山入ってきていますから、実は知らずに食べている可能性は多々ありそうです。

 

 

  

遺伝子組み換えの成り立ちや害については、調べれば調べるほどウンザリしてきますが、遺伝子組み換えの可能性が全くない加工食品も探せばありますから、是非多くのパパやママがこの映画を観て気づいてほしいと思います。


大人ももちろん害はあるかもしれませんが、気にすれば防げますよね。


でも子供は親が注意しなければ無理!

 

日本において注意することは、まず加工食品に含まれる、トウモロコシ成分(コーンシロップなど)や大豆製品。

 

そして盲点は養殖の魚や家畜の食肉ですが、これらの日本における家畜のエサはほとんどが輸入の遺伝子組み換え食品だと報じられています!

 

遺伝子組み換え作物の栽培によって土の中の微生物は全滅し、死んだ土となり、さらにモンスター化した巨大な草や昆虫が畑に発生するのですが、それらと同じような事が人間の体でも起こらないなんてちょっと私は考えられないのです。

 

ともかく日本がTPPに参加することで、アメリカと全く同じ、又はより酷い状況になると思われますので、まず先にそのリスクを知っておくこと。

 

知っておけば防げることが本当に多いのです。

 

私自身は既にこのドキュメンタリー映画出てくる内容に関してはほぼど知っている事ばかりでしたが、まとめ方が実に上手で、何よりも選曲も含めて監督のセンスが良く、ジョネレーションも同じでとても共感が持てました!


ただし、この映画の監督がホールフーズマーケットの生鮮食品が遺伝子組み換えの可能性があると言っていたのは流石に大げさかな。。。と思いました。

私自身もロンドン、アメリカなどのホールフーズマーケットでチェックしてきましたが、そもそもホールフーズの事業展開の手法ひとつとして、地元の大手自然食スーパーを買収していることが多いので、元のオーナーやスタッフ達はかなり健康オタクが揃っているでしょうし、卸しているメーカーも意識の高い企業が多いのを知っています。

もちろん全てがオーガニック認証ではないですから、そういう時はNON GMOマークを確認するなど、他の自然食認定マークをチェックするなどできますが、普通のスーパーで買い物をするよりは、遥かに成分チェック時間が短く買い物は楽です。

でも本当に世の中のすべてのパパがこの映画の中のパパ(監督)みたいに、事の重大さに気づいてくれないものでしょうか?

 

ママが「それは食べちゃダメよ!」というよりも、パパが「食べるな!」と注意してくれる方が、子供には効果覿面なんですけどね。。。我が家の場合。

 

他にも遺伝子組み換えについて警告を鳴らしているのは「モンサントの不自然な食べ物」、「世界が食べられなくなる日」、「フードインク」、「フォークス・オーバー・ナイブズ」など沢山ありますが、まだこれらを観たことがない人々にはまず「パパ遺伝子組み換えってなぁに?」をお勧めします。

何故なら他の映画はもっと重いので。

 

ともかく遺伝子組み換えや添加物いっぱいの食品や汚染食が拡散される中、それでも世界中でローカルフード(地産地消)やオーガニックなどの安全な食べ物の需要は年々高まっています。


品種改良していない、在来種の種を集めて育てる人々も増えています。

 

なんだか現状は全くイタチごっこの様ですが、こういった事実を知ったうえで楽しく賢く食べ物をチョイスしていきたいですね!

 

 

 



やっぱり仏陀ですね♪

今週は「戦争ではなくクッキーを焼こう」週間でした♪

 

家ではいつも米粉ベースのグルテンフリークッキーしか作りません。

 


仏教では光輪とされるチャクラのアイコンでもある覚醒の花、ロータスフラワー♪

クッキーは小麦粉よりも米粉の方がサクサクしますし、甘味料を控えればごはん代わりにもなりますよ!

 

まだグルテンフリークッキーはお店ではほとんど見かけませんが、伊勢丹新宿のビューティーアポセカリーなどで販売されている奥澤美紀さんの作る「ごほうびクッキー」はお勧めですよ☆

 

2月14日まではバレンタインバージョンも発売しているようです♪ 

 




ごほうびのが目印のパッケージ。

ローチョコにも合うし、長女も気に入っています。

 

それにしてもLove&Peaceなバレンタイン前だというのに、最近の日本や世界の目まぐるしい動向には、なんだかドキドキです。

 

誰しもまさか。。。と思いたいに決まっています。

 

 

起こっていない戦争を笑えないなら、

起こった時も笑えない。

起こる前に愚弄したほうがいい。

_
ボリス・ヴィアン(Boris Vian)_

 


昔大好きだった「サン=ジェルマン=デ=プレ入門」。

映画「思い出のサンジェルマン」の中で語るボリスヴィアンの言葉。

 

フランスでは年明けの事件から言論統制が急激に高まっているようで、コメディアンのデュードネの発言だけでなく、ごく一般の子供たちのたわいのない疑問や純粋な発言さえも自粛しなければならないようなニュースに、ただただ驚きです。

 

正直、信じられないような状況ですが、日本のエセ保守派も負けていないような気がしてなりません。

 

そんな気がかりな事件が多い中、私が思い出したのはボリス・ヴィアンの「脱走兵」という曲。


 

Youtubeでコメント書き込みができなくなっているのが少し気になりました。

 

そうそう、実はジュリー(沢田研二)がかつてこの曲をカヴァーしているのです。

 
 
  

そういえば、ジュリーは以前選挙で山本太郎の応援で駆けつけた際に、かなりまっとうな発言をしていた記憶があります。

 

2/1の今日も相変わらず日本のセルジュ・ゲンズブールっぷりを発揮してか、ニュースに上がっていてうれしくなりました♪ 

 

 

ゲンズブールといえば、彼がかつて500フラン紙幣に火をつけたくなった気持ちも、今はよく理解できます。

 

その動画はコチラ。
 

 

 

「俺は税金を所得の74徴取されてるんだ。でもその74%が貧しい人に行くわけでもなく、原発に使われてる。俺の金だ、ふざけるなよ。。。」といった実にゲンズブールらしい1984年の超有名なパフォーマンス&メッセージです。

サンローランの服とパリのホテル・ラファエルがお気に入りだったゲンズブールですから、一般庶民からは考えられないような金額だったと思います。
 
 
当時のフランスではかなり問題になったようで、知らない人はいないと思います。

 

ちなみにボリス・ヴィアンの脱走兵という曲が作られたのは、フランスがインドシナ戦争へ突入し、アルジェリア情勢が深刻な最中。

 

当然ながらフランスの保守派(右)からは猛ブーイング。

 

レコード発売はもちろん、ラジオでも放送禁止となります。

 

でも結局その数年後には、国民に絶賛される曲となります。

 

日本ではJe suis snob(僕はスノッブ)の方が有名ですよね。

 

エンジニア、ジャズミュージシャン、作家など多才なアーティストとして知られているボリス・ヴィアンは、愛すべき平和活動家の一人でもあります。

平和活動家なんて捉えられてないかもしれないけれど、黒人差別問題やアヒムサ(非暴力)のメッセージ「墓に唾をかけろ」しかり、私はそう捉えています。

 

それにしても、若いころボリス・ヴィアン界隈の実存主義の本に熱中し、パリの蚤の市で古いレコードを探して聴きあさっていた時代が懐かしいです。

 

ジュリーの古いレコードも、パリの蚤の市や中古レコード屋さんでよく見かけましたよ()

最後にボリス・ヴィアンの有名な反戦ソングの全文を貼っておきます。

 

Le Déserteur  脱走兵

Monsieur le Président
    大統領閣下

Je vous fais une letter
   お手紙を差し上げます

Que vous lirez peut-être
  お時間があれば

Si vous avez le temps
    たぶん読んでいただけるでしょう


Je viens de recevoir
    水曜日の夜までに

Mes papiers militaires
   出征しろという

Pour partir à la guerre
   私宛の召集令状を

Avant mercredi soir
     受け取ったばかりです


Monsieur le Président
    大統領閣下

Je ne veux pas la faire
    私はやりたくありません

Je ne suis pas sur terre
   哀れな人々を殺すために

Pour tuer des pauvres gens
  わたしは生まれて来たのではありません


C'est pas pour vous fâcher
  あなたを怒らすつもりありませんが

Il faut que je vous dise
   あなたに申しあげねばなりません

Ma décision est prise
     私は覚悟を決めました

Je m'en vais deserter
     私は脱走します


Depuis que je suis né
     この世に生を受けてこのかた

J'ai vu mourir mon père
    私は父が死ぬのを観ました

J'ai vu partir mes frères
   私の兄弟たちが出征するのを

Et pleurer mes enfants
     そして私の子供達が泣くのを観ました

Ma mère a tant souffert    私の母はあまりに苦しんだので

Qu'elle est dedans sa tombe
  今は墓の中にいますから

Et se moque des bombes
       爆弾だって平気だし

Et se moque des vers
        ウジ虫だって平気です


Quand j'étais prisonnier
     私が捕虜だった時に

On m'a volé ma femme
         私は妻を盗られ

On m'a volé mon âme
         魂を奪われ

Et tout mon cher passé
       私の愛しい過去の総てを奪われた


Demain de bon matin
         明日の朝早く

Je fermerai ma porte
         私は失われてしまった年月に

Au nez des années mortes
      きっぱりと別れを告げ

J'irai sur les Chemins
       旅に出ます


Je mendierai ma vie
         ブルターニュからプロヴァンスまでの

Sur les routes de France
      フランスの街道筋で

De Bretagne en Provence
       私は物乞いをして暮らすでしょう

Et je crierai aux gens
      そして人々にこう訴えるでしょう


Refusez d'obéir
         従うことを拒みなさい

Refusez de la faire
        戦争を拒否しなさい

N'allez pas à la guerre
      戦場に行ってはいけない

Refusez de partir
       出征を拒否しなさいと


S'il faut donner son sang
   血を捧げなければならないのなら

Allez donner le vôtre
      あなたの血を捧げなさい

Vous êtes bon apôtre
         あなたはとんだ偽善者だ

Monsieur le Président
      大統領閣下


Si vous me poursuivez
        もしもあなたが私に追っ手をかけるなら

Prévenez vos gendarmes
       憲兵達に伝えてください

Que je n'aurais pas d'armes
   私は武器を持っていない

Et qu'ils pourront tirer
    撃ち殺しても構わないという事を


誰も傷つけあう事のない、真の平和が訪れますように♪ 

Peace, Peace, Peace☆

 

今日で、遺伝子組み換え導入にあたる、農林水産省のパブリックコメントが締め切られるそうです。

ネットからも意見できるので、是非、みなさん、個人個人の意見を寄せてください。

こちらのサイトの意見公募要領PDFを開き、インターネットによる提出をクリックして書き込んで送信してください。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001373&Mode=0

 

今は地震後の復興、放射能など、国として課題がたくさんありますが、一人ひとり、できることからポジティブに向き合っていきましょう!

以下、参考までに、私の送った内容です。


■ 遺伝子組み換えには反対です。

ご存じかどうかわかりませんが、遺伝子組み換え作物は世界中で貧困を生み出す要因となっています。

インドの活動家、ヴァンダナ・シヴァさんが、著書「緑の革命とその暴力」や「アースデモクラシー」などで遺伝子組み換え食物がもたらす様々な悲劇を綴っています。

実際に、遺伝子組み換え種子が大量に導入されたインドでは、農家の自殺者が増え、国として大変な事態となりました。

日本が真の先進国であるならば、世界の見本になるよう、持続可能な有機農業をしていく必要があると思います。

要するに、それは蒔いた種からまた次の芽が出る種ができるような、戦前であればごく当たり前だったサイクルです。

戦後、日本は種の権利を奪われました。

国として諸々な事情があったとしても、できるかぎり安全な食を担っていくことは可能だと思います。

遺伝子組み換え作物の人体や環境に与える害は恐ろしいほど未知数です。

どうか、遺伝子組み換えの導入はやめてください!

日本の未来をになう子どもたちを、国として健全に育てていきましょう。

そしてこれ以上自然の摂理に反することは手放していきましょう。


 


原発による被ばくについては、本当に様々な情報が飛び交っているので、今回は私なりの考えをシェアしたいと思います。
 
大手メディアに登場するような御用学者の言うことを真に受けてる層は、原発事故の被曝く量をレントゲン撮影、飛行機、宇宙飛行の被曝く量と比べて安心していますが、これは決して安心できる対比ではありません。
 
そもそも運航乗務員(パイロット・スチュワーデス)は、宇宙放射線による被曝の上限が5mSvと定められています。
 
もっとも、これはあくまでも“目標値”らしいので、それを超えている場合もあるかもしれませんが、どちらにせよ一般人の年間被曝量の1mSvと比べると高い数値です。

ちなみに日本でガンにかかる人の3.2%が、レントゲンなどによる医療被曝が原因の初ガンと推定されることが、英オックスフォード大グループの行った国際的研究で明らかになり、この研究内容は英国の医学誌「ランセット」で報告されています。

これももう2004年ぐらいの話ですが、日本の医療関係者にでさえ、正確には伝わっていません。
 
そして飛行機に関しては、最も被曝量の多い路線の一つが、JFK-NRT路線(ニューヨーク往復0.2mSv)。
 
ちなみに飛行による被曝は、宇宙からの放射線による影響なので、高度が高く緯度が高いほど多く、飛行時の単純な飛行時間だけによって被曝量が左右されるわけではありません。
 
でもよく考えてください。
 
レントゲン撮影にしろフライトにしろ、空気中にヨウ素、セシウムなどが飛んでいますか?
 
もし飛んでいたら、機内でマスクをするべきですが、通常は飛んでいません(笑)!
 
たしかに放射線を浴びますが、直接放射物質が体に付着したり、塵や食物とともに体内へ取り入れられてしまうといった心配はないのです。
 
体内被曝をおざなりにした例をあげ、単純な放射線を浴びたケースの被曝数値だけ述べて比べるのは、とてもおかしな話だと感じています。
 
もちろん、国民を安心させたい気持ちは分からなくもないのですが、こういった適当な対比は、結果的に、より多くの混乱を招く気がしています。
 
世界の過去の歴史をたどっても、国や政府は出来る限り、国民の保障を回避するように動くでしょうから、最終的には自分の頭で考えて判断し、早い段階で気づきたいものです。
 
数ヶ月後、もしくは数年後、数十年後に何か発病しても、原発との明確な因果関係が証明されない限りは、国民は泣き寝入りするしかないのです。
 
日本の1970年代に起こった水俣病の訴訟問題のひとつが2004年にようやく終わったという例もあります。
 
チェルノブイリでは国家が補償しなかったので、被害者は大人も子どももみんな泣き寝入りでした。
 
ちなみに幼児は5~10年で発病しています。
 
大人はもっと長いスパンでの発病だと思うので、より因果関係を追及しにくいでしょう。
 
本当のことを言ってくれている草の根的なあまり知られていない学者や専門家の言うことを知る人が少ない、もしくは気づかないという国民の現状がとても残念です。

そして私がもっとも恐れているのは、地震にしろ原発にしろ選挙にしろ、ありえない
国民の無関心さです。
 
マハトマ・ガンディは過去、計5回もノーベル平和賞の候補になりましたが、ずっとノーベル平和賞を拒み続けました。
 
それはなぜだったのでしょう?
 
ガンディはノーベル賞受賞者の多くが戦争ビジネスなどに貢献していることを知っていたからではないでしょうか。
 
きっとあらゆる世界の矛盾に対して、いち早く気づいていた一人なのでしょう。
 
また話が数字に戻りますが、実は原子力施設作業員の白血病の労災認定基準は1年あたり5mSvでした。 

前述した、運航乗務員と同じです。
 
それが今や年間100mSvからまた急遽250mSvに上げられ、今後は無制限も検討中だそうで、本当に馬鹿げているとしか思えない状況です。
 
そして子どもの年間被曝線量も20mSvに上げられる始末。

日本産婦人科医会まで、妊婦に対して100mSVに上げることを認めてしまいましたが、これには当然抗議がありました。

抗議内容はコチラ ↓

日本産婦人科科学会への抗議文
 
ようするにこれは国が国民の健康補償を公的に放棄しているという、異常事態、非常事態なのです!!!
 
現在、福島の8割近い学校の校庭が被曝量を完全にオーバーしています。
 
赤ちゃん、子ども、妊婦さん、そして将来的に子どもを産みたい人産む可能性がある人たちは直ちに避難させるべきです。
 
もう政府が何もしないので、様々な団体が救出に動いているのが現状ですが。
 
4月19日に、国もようやくメルトダウンを認めましたが、英語版のウィキペディアのNuclear meltdownでは、既に3月12日の段階で、世界のメルトダウンの一つとして、スリーマイル島と並んで名前が上がっていたようです。
 
 これでは、やはり日本の情報が操作されていると思われても、仕方がないですね。
 
そして今も毎日100兆ベクレル以上が大気中へ放出されているようです。
 
先日何気なく見たホールフーズマーケットのトップページには、
 
We do not sell any meat, fresh seafood, produce or dairy products from Japan
 
と目立つようなアナウンスがありました。
 
今でも京セラの製品ぐらいは置いてるといいのですが。

京セラの名誉会長は浜岡原発の原発震災反対の署名をしている一人ですからね!

わが家のキッチンには京セラアイテムが沢山ありますが、世界のホールフーズはもちろん、パリの自然食品屋さんでも、京セラのキッチンアイテムをよく見かけます。

やっぱり世界の京セラですね!

以前Veggyにも登場いただいたアーティストのタミィさん。
 
彼女のお父様であるジャーナリストの広河隆一さんとJVJAのメンバーが福島原発周辺で放射能測定中だそうです。
 
これは昨日、2011年3月13日の時点での報告です。
 
10:20 双葉町役場玄関(福島第1原発から約4キロの地点)
 
10:30 双葉厚生病院
 
「両地点とも、1000マイクロSV(1mSv)まで測れる放射能測定機の針が振り切れた」
 
ということです。
 
広河さんのTwitterのつぶやきがそれ以来ないのが心配ですが。
 
ただ、この情報は事実だと云う事を認識していた方が良いかもしれません。
 
詳しくはデイズジャパンブログをチェックしてみてください。

じゃあ、原発から遠く離れたどこかへ逃げる?
 
それも個々の判断ですが、日本にはまだまだ各地に原発があります。
 
実はもし爆発したら、世界でもっとも危険だといわれているのは浜岡原発だそうです。

2006年に出版された放射能で首都圏消滅誰も知らない震災対策」という本もあります。

多くの人がグリーン・エネルギーに目覚めるときですね。

自然エネルギーへ移行することによって、多少電気代が上がったとしても、地球や生命の健全さを私は選びたいと感じます。

 
とにかく、今は多くの方が最良な準備をしつつ、希望をもって強く祈り、生きることを願っています。

私と同じように小さな子どもを抱えているお母さんは、どこかへ移動するにも準備するにも大変だと思いますが、こんな時こそ子どもたちとできる限り一緒にいるようにしてください。

そして動揺したり、状況が理解できずにふざけて遊んでいる子どもに対して、無意味に怒らないようにしてくださいね(笑)!

私も自分に言い聞かせているところです(笑)!

なんだか、神様に試されているような気がしてしまいますね。

なにはともあれ、どんな時も心に平和を!

Shanti Shanti Shanti..........



 
 
 
 
 
 
 


プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード