オーガニック&ベジタリアンライフ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



薬になる食べ物といえばSUPERFOODS!



スーパーフードとは、様々な栄養成分がずば抜けて含まれている食材のこと。

すっかり熱くなってパイナップルやマンゴーなど、南国フルーツが欠かせませんが、野菜や果物などの身近な食材の中にもスーパーフードと呼べるものが沢山あります♪
 
 

パイナップルは芯もスムージーに入れて食べましょう!

実や芯には抗炎症薬として使用されるブロメラインが豊富に含まれていますから、クールダウンに最適なのです♪

 日本でも古くから食べられているザクロも良くフラッペやローパフェなどで使います!



ザクロは女性ホルモンを整える食材として欠かせませんよね。

骨密度を高める効果もあったり、コラーゲン生成を助けたりと、あらゆる更年期障害をサポートしてくれるそうです。
 
  いつものグリーンスムージーもローホイップやフルーツを沢山入れるとパフェっぽくなって楽しいですよ♪



ローホイップはカシューナッツか生のココナッツが手に入れば、ココナッツ果肉で作ることもあります。

でもお家でココナッツクラッシュはハードルが高いですよね。。。

ローにこだわらなければ、ココナッツミルクの缶の上に溜まっているクリームで代用する手もあります。

これはこれでまた生とは違った風味でおいしいのです。

手作りのチョコフラッペは子供たちも大好きです☆



我が家ではカカオといえば、必ずローカカオ!

抗酸化力が強く、ビタミン・ミネラルが豊富で、何よりもおいしいローカカオは、毎日のおやつに加えたい天然サプリです!

穏やかな睡眠を促す作用のあるセロトニン”を作るサポートをしてくれる”トリプトファン”も豊富に含まれています。

このトリプトファンは、加熱したカカオよりもローカカオに多く含まれています。

他にも通常のカカオではなく、ローカカオを選ぶべき理由は沢山あるのですが、また別の機会に書きたいと思います。
 


旬のいちごは凍らせたヘンプミルクと合わせたり、

 

電車やデパートなど、どこへ行ってもキンキンに冷えていて、自律神経がおかしくなりそうな季節。。。

なるべくお家ではクーラーを使わずに、クールダウンさせてくれる薬になる食べ物で乗り切りたいですね!



↑こちらのレシピだけ最新号に掲載していますので、ぜひ作ってみてください☆

 

皆様、ゴールデンウィークはいかがでしたか?

我が家は田舎でドライブしたり、

キャンプへ行ったり、

 

ヨガをしたり、

 



長女もよく歩けるようになってきたので、

 

川沿いの滝を見に行きました。

 

毎日暑かったので、フルーツを沢山持って行って正解でした!



夜も朝食もサラダタップリです!



次回はコンパクト・ハイブレンダーを持って行って、フラッペやスムージー、ローデザートなども仕込んで、ローフードキャンプにしたいと思います♪

なんだか、どんどんキャンプが楽しくなってきました!

多分、自然に戻りたいんとだな~と思っていたGWの後半、友人から「字幕付きで無料配信してるよ~!」教えてもらったのがフランス映画「美しき緑の星」。

子供たちが疲れ切ってグッスリのGW最終日真夜中、一人で残ったローケーキを食べながら観ましたよ♪。

この映画に登場する進化した星では、一切お肉は食べていないし、貨幣も必要ない。

まるでアナスタシアの様な人々が集合した星から地球を眺めた、とってもユーモアあふれるお話です!

なんだか地球って本当に他の星に迷惑かけているようですね、この映画の中では。。。

色々な社会問題もサラッと織り交ぜてるので、ぜひ見てみてください♪

もっともっとシンプルで、ありのままでいいんだな~と感じた映画でした。

私が本能的にお肉が嫌いな理由も、この映画の中にシッカリと見つけられましたよ☆

ベジタリアンのみなさま、私たちはこの地球の中で、きっと少しだけ進化してしまっているだけなのですよ♪

この映画の中では、お肉をなしのプラントベースの食事で200歳以上が平均寿命の様です(笑)。
  
ともかくこんな星があったなら、即移住したいな~と本気で思ってしまいます!

その時は、もはやジェットはいらなそうですけどね♪

 

 

今日は19年に1回の冬至と新月が重なる朔旦冬至ですね。

 

veggy編集部は入稿直前まっただ中で、そんなことも気にとめていませんでしたが、ちょうど今日は長男と次男が祖母の家へ遊びに行き、夫も忘年会で遅くなりそうなので、久々に我が家は静かです。

 

長女は歌ったりお喋りをしながらも、わりと静かに一人遊びをしてくれるので、私も家で物書きがはかどりますし、穏やかな時間の流れを女同士で感じられて、なんだか今日はラッキーです。

 

陰が極まり陽と転じるこのタイミングは太陽と月の復活の日とも言われているようですが、こんな日はゆっくりヨガや瞑想をして、リセットするのが良いかもしれませんね。

 

お風呂にはゆずを入れて、ヨギティーのスキンデトックスで入れたゆず湯を長女にも飲ませました。

 

大量にゆずをいただいた時に必ず作るゆずジャム。

 

せっかくマヌカハニーを使うので、加熱せず混ぜて漬けただけのもの。

 

お湯で割ってもギリギリ酵素は生きているかな?

 

マヌカは一般的にはクセがあるとよく言われますし、夫も「これ結構くるね!」なんて言いますが、うちの子たちはハチミツと言えばマヌカハニーしか食べたことがないので、たまにマヌカハニーが切れて普通のハチミツを使うと、「ん?(いつもと違う)」と変な顔をします()

 

この時期は抗菌作用のあるマヌカハニーはもちろん、ティーツリーやパイン系、シベリア杉といった抗ウィルス作用の強いアロマも欠かせません。

 

それから先日、用賀にホメオパシー農法の野菜を使用した「豊受オーガニクスショップ&レストタン」がオープンしましたよ。

 

質の良い和食に日本酒が合います!



寅子先生もいらっしゃって、オープンにまつわるお話を伺いました。
 
飲食店だから農薬などを使ったものは好ましくないと、店内に飾っているお花や植物は自然栽培のものだけを置いているそうで、そのこだわりは本当に凄いな~と感じます
 
  

お味噌などもちゃんと仕込んでいるようで、素材の良さがダイレクトに感じられます。
 

 

基本的には和食で、お昼と夜のメニューでも内容が違うようですので、またゆっくり食べに行きたいと思います。

 

レストランの隣では、ホメオパシー農法の野菜や自然食も販売していましたよ。


ちなみに私は、こちらで販売しているカレンデュラクッキーが好きで、よく買って帰ります。

 

 

 

 

 

基本的に冷え性の私にとって、なるべく冷えない生活を送るのはテーマのひとつですが、最近毎日摂りいれているのがこの白湯。

 

スリランカで診断してもらった時に、言われるだろうな~とは思っていましたが、やはり「フルーツの摂りすぎで冷えている」とのこと。

 

その時に冷え対策のひとつとしてすすめられたのが白湯だったので、しばらく続けてみようと思いますが、朝一番に飲むと不思議とスッキリします。

白湯の後には瞑想してくださいね、と言われましたが、こちらはまだ続けられていません(笑)。。。

 

そしてこの時期に一番気になるのは、なんといっても乾燥!!!


 

最近発売したばかりのアムリターラのリラックスアロマクレンジングクリームローズで皮脂を落としすぎないように洗顔しながら、薔薇の香りに毎日癒されています♪


 

そしてヴィアロームのエッセンシャルリフトシリーズからもローズウォーターとローズオイルが発売したばかり。

 

こちらはエッセンシャルリフトの数字が高いほどエッセンシャルオイルが高濃度で含まれているので、初めての方は少なめからトライしてみてくださいね!

 

私はもうすっかり高濃度タイプになれてしまいましたが。。。朝晩必ずこれらのオイルやアムリターラのバオバブオイルなどでマッサージするようにしていますが、朝起きた時のハリが明らかに違うのです。

 

仕事柄、肩が常に凝りがちなので、夜は首や気になるパーツも一緒にマッサージするようにしています。

 

乾燥はシワ・シミの原因になりますから、毎日少しづつでもケアしていきたいですね。

 



先週末の台風の影響で、行きのフライトが大幅に遅れてしまいましたが、現地では雨のシーズンであるにも関わらず晴れる時間帯が多く、無事に取材することができました。

ちょうど満月後の大きなお寺のお祭りだったので、私も少し参加させていただきました。

私が頭にのせているのはロータスみたいです。



スリランカはカシューナッツが特産品のひとつとして知られますが、こんな風なんですね。。。知りませんでした。



ココナッツもキングココナッツ、ヤングココナッツと種類が豊富なんですね。

すべてテイスティングできて、とっても勉強になりました。



スリランカのアーユルヴェーダ料理は基本的に薬草・スパイスを多用した野菜だけのスリランカ料理という感じです。



スリランカといえばエレファントライドらしいので、少しだけ乗ってみました♪

ガイドさんに「エレファントライドは動物愛護系の人々にクレームが来そうですよね」と聞くと、「あ~そういえば昔あったね、スリランカ新聞にも一面に掲載されたんだけど、その記事ではスリランカ側がちゃんと反論してたよ。エレファントライドが非難されるんだったら、君たちは馬に乗る人たちにも文句を言うべきだし、肉も魚も食べるべきではないってね。彼らの多くは動物愛護を謳いながらベジタリアンではないんだよ、そんなのおかしいでしょう(笑)」と言っていました。



まだまだ田舎や手作りの食事にこだわる人々の間ではテラコッタで料理するのが主流のようです。素晴らしいですね!!!



ヒーリング効果のあるローズクウォーツマウンテンにて。

 

今回は取材なので、毎日ホテルが違いましたが、どこも本当に素敵でした。

 
 
ほんの一部だけ紹介します。



どのホテルでも部屋にはウェルカムフルーツがあります。



信仰心の高いスリランカの道路では、歩道近くにコインパーキングの様なお賽銭ボックスが並び、みんな運転の途中に立ち寄ってこんな風にお祈りをしています。

  

右から今回のドライバーさん、ガイドしてくれたダルモンさん、真ん中はカメラマンの鈴木チョッコさん、私、それ以外はみんなダルモンさんのファミリーです。

 
写真:鈴木チョッコ

60歳のダルモンさんの3男はまだ8歳!!!

今回のスリランカの旅については、11月号で詳しく紹介しますので、ぜひご覧ください☆
プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード