オーガニック&ベジタリアンライフ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

あけましておめでとうございます!

 

今年は午年ですね!


 

最近は馬を怖がらなくなった長男()

 

我が家の年末年始は、夫の実家から温泉に行ったり、子どもたちと毎日遊んでいました。


 

初めてのゴーカートを運転し、二人ともしつこく何度も乗りたがってキリがありませんでしたが、男の子は本当に乗り物が好きですよね!

 
        

そして元旦の初詣はずっと行きたかった三峯神社へ行きました。


 

雪道をひたすら登っていくのですが、子どもたちは寒~い雪の中でも雪だるまを作りたがったりと本当に元気ですね~。

 

特に長男は平熱が高めなので、基本的に寒がることがありません!

 

秩父神社では繭や水のおみくじをしました。



水に浮かべると文字が浮かび上がるおみくじ♪



繭玉の中に入っているおみくじ♪

 

初詣にはよく甘酒を売っているのでとても飲みたくなるのですが、白砂糖タップリなので諦め、家に戻って酒粕、ショウガ、メープル、塩麹で作った甘酒にスーパーフードのクコの実を浮かべて飲みました。


 

クコの実は女性特有のあらゆる症状に効くので、毎日少し食べるといいですよ!

抗酸化力も強く、アンチエイジングにも欠かせません。

 

そしてお正月はお蕎麦屋おもちなど、どうしても加熱食が多いので、実家では生のフルーツを多く食べるようにしていましたが、家に戻ってくるとやはりローフードやスーパーフードが食べたくなります()

次男はローアイスがいつも冷凍庫にあるのを知っているので、家に戻ると真っ先に冷凍庫を空けて「アイス!」と言います(笑)。

マカやルクマといったスーパーフードを少しづつ入れたローチョコアイスには、フリーズドライのフルーツとローグラノラをトッピングしていただきます。


 

今年も出したい本ややりたいことは沢山ありますが、子どもたちの学校をどうするかなど、色々と家庭内でも決断することのある変化の多い年になりそうです。

 

2014年が皆様にとっても素敵な一年でありますように☆

 

 

今年の冬至の日は、ダイヤモンド富士を友人と見に行きましたが、数分遅れで山頂に辿りつき、見る事ができませんでしたが、それはそれでキレイでしたよ。

 

家に戻ると「うちのマンションの周辺も富士山がよく見えるの知ってる?」といわれ、そういえばこのあたりは富士見ヶ丘~と名前がつく場所が多いな~と思って調べてみると、少し高台へ行けばどこでも見えるという事に気づき、なんと笹塚駅のホームの端からもよく見えました。

 

ちなみに我が家のマンションからもこんな感じで見えましたが、旧マイクロソフト社の高層ビルなどに少しかぶってしまってますね(笑)!

 

でもダイヤモンド富士を見たいので、お正月に田舎でリベンジしたいと思っています()

 

そして1年以上前から友人の間で流行っていた正多面体作り。

 

最近また気になって、そろそろ長男にもテンセングリティなどの多面体のおもちゃを教えてあげよう!と思ってっていたクリスマスに、夫が懐かしいルービックキューブを買ってきました。


 

 

 

子どもの頃に大ブームでしたよね。
(奥はムソーのミニ鏡餅☆ミニツリーは長男が園で作ったそうです♡)

 

ルービックキューブに私は全く興味がありませんでしたが、兄の部屋にたくさん転がっていた記憶はあります(笑)。

多面体で思いだすのはやはり“クリティカル・パス”などで知られるバックミンスター・フラーですが、彼がダイマクション地図で知られる正十二面体からなる地図を考えたのは有名ですよね。

正十二面体は陰陽の完全調和であり、プラトン曰く宇宙を表わし、宇宙は無であり、ゼロポイントなのですね。

フラーは世界中の古代文明はもちろん、日本の縄文時代からも宇宙原理のヒントを得ていた様で、ゼロポイントフィールドについてもある程度気づいていたような気がします。

ちなみにフリーエネルギーの重要なカギがゼロポイントなのですよね。

世界最古の平和で発達した縄文文明。

縄文人の食事は7~8割が植物性だったそうです。

岡本太郎も縄文土器から4次元をイメージしていたようですし、色んな人々が縄文からインスピレーションをもらっているようですね。

古代の話はいろんな説があって尽きませんね!

 

クリスマスのホリデーシーズンは年で一番好きな時期ですが、我が家の子どもたちも色んな方からのプレゼントに大喜び!

 

毎日のようにケーキも食べられますしね()

 

朝起きるたびに「サンタさん今日の夜も来なかったでしょ?全然見てないもん」としつこく聞いてくる5歳児に、適当な作り話をするのも疲れてきたので、やっぱり夫に今日こそはサンタの仮装でもしてもらおうと思うクリスマスです(笑)。

 

そしてクリスマス・イブの日に、内海聡先生の新刊が届きました!


 

タイトルは「99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!(著者:内海聡)」だそうです♪

隣は「医者いらずの食」、今年最後のオマケ宣伝です(笑)。

 

それにしても新刊を出すたびにアマゾンで常にベストセラーランキングの内海先生!

今や医学部門のランキング上位に「医学不要論」がある世の中ですから、着実に世の中は変化しているのではないでしょうか。

 

ちなみにこの1月発売の新刊のタイトルの99%とは、当然ながら私も含め、私のブログを見ているほとんどの人々の事のようです。

 

そして1%はもちろん、古今東西闇雲にやりたい放題のアノ方々ですよ~☆

 
アノ方たちとは。。。言いたいけれど、ココでは言えませんので各自読んでくださいね(笑)!

安部芳裕先生もプロジェクト99%で活動したり、色んな著書で99%や1%について書いていますので「お金の幸福論・ベーシックインカム編」も是非参考にしてくださいね!

もしかしたら、自分は1%だから大丈夫♪と感じているアナタも、ただの使い走りに過ぎないかもしれませんので、念のためにご一読ください(笑)。

 

もっとも読んでみて、別にそれでも構わないのであれば、もはやどうしようもないのですけれど。。。

 

それにしても、街はお正月とクリスマスで毎年お祭り好きで面白い雰囲気の日本ですが、年末前に私が気になった話題はというと、やっぱりスノーデン☆

 

I Would Rather Be without a State than without a Voice

 

   声なき人間になるくらいなら国なき人間になる

 

米政府による盗聴活動の実態を暴露した米中央情報局(CIA)のスノーデン元職員ですね。

言論弾圧されるぐらいならば国籍など要らないと言ってロシアへ亡命したものの、ブラジルでは足止めになっているらしく、たった今コチラで署名を集めているようですね。

ちなみにコチラは市民団体の寄付で実現したスノーデンのラッピング・バスだそうです。

 


 

“宇宙は私たちが望めばそれにこたえるようにあらゆる協力をしてくれる”

 

「アルケミスト~夢を旅した少年」の著者パウロ・コエーリョは言っています。

 

彼がいうようにそれが森羅万象、宇宙の法則だとしたら、迷わず一歩踏み出せそうな気がしませんか?

ひとりひとり、みんなが気づけば、世の中は驚くほど一瞬で変わると思うのです♪

 

 

 

 

年末進行の本誌veggy1月10日発売号がようやく入稿しました!

 

やっと編集部は少しクリスマス&年末モードになりそうです。

 

そんな中、ちょっと頭をカラッポにしたい時にオススメしたい、ベルギーからイタリアに拠点を移したケッシュ財団のニュースが流れてきました。

 

 
ケュシュ財団は様々な国際特許を取得した技術を無償でオープンにしている団体(財団)で知られていますが、最近また新たな研究者を財団で募集していたようで、日本からも若き研究者が渡らないかな?と思ったりしています。

 

創設者はイランの原子力エンジニアMehran Tavakoil Keshe氏で、この財団は既にあらゆる高度な技術を発表していますが、例えば世界中どこでも10分ぐらいで移動できる乗り物や“飛ぶ車”や、長年核の研究をしていたことから、放射能汚染を簡単に除去できる技術も持っているそうで、この動画では日本政府にもケッシュさんが提示してくれているようですね。

 

開発しているものはどれもワクワクするものばかりで、子どもが喜びそうなものが多いですね♪

 

でもyoutubeにアップされている動画に対して、フェイクだ!とい声も多々あるようです。

 

そんな技術よりも先に目に留まったのは、ケッシュの財団の活動内容の中に、スペーステクノロジーの次に健康やニュートリション(栄養)、アグリカルチャー(農)を研究対象として取り上げている部分。

本気で世界平和について考えているそうです。

私もですが(笑)♪


もちろん、ケッシュ財団が研究しているアグリカルチャー、ニュートリションなどは遺伝子組み換えのようなモノではないはずです。

 

通常、こういった研究は歴史をたどっても暗黒の国家機密で進む事が多い気がするので(笑)、シェアしていること自体が素晴らしいと思うのですが。

 

そしてつい最近、数量限定でフリーエネルギーを利用した家庭用のポータブルケッシュ発電機の販売をスタートしたそうですが、日本でも購入した人々はいるのでしょうか?

詳しくはコチラ。

  
又はコチラ!


手軽なポータブル発電機があれば、どんな山奥でも生活が出来そうですね♪


実家から毎年たくさん届くゆずとカボスです。



ホットワインに入れたり、スムージーにいれたり。

22日の冬至はゆず風呂に入る日ですね♪


 

 

 

 

2009年のブログでもふれた思想家・建築家のバックミンスター・フラー

 

彼の著書を読んでから、貨幣価値にとらわれない富(豊かさ)の観念などに共感しましが、彼は「私たちの人生の目的は、現在・未来の人々へ新たな貢献をすることである」といっています。

 

これを実行できている人が世の中に多くいれば、今のような日本(世界)の状況にはなっていないと思うのですが、世の大人はもう少し賢くならなればなりませんね。

 

フラーはイサム・ノグチと大親友で影響し合っていたようですが、イサムノグチは「自然は最高のデザイナーだ」と言っています。

何においても自然美に勝るものはないですよね♪

 

自然破壊も着々と進んでいるかのように見えますが、私はまだまだ自然の浄化力に期待しています。

 

話がそれましたがフラーは「汚染の中でもっとも恐ろしいのは、汚染された商品(生産者側)ではなく汚染された消費者だ」と言っています。

 

これはあらゆるシーンにおいて現代でも続いているのではないでしょうか?

 

今日はそんな汚染(洗脳)から解放されそうな映像を紹介します。

 

きっと民放TVでは流されないと思われるワールドオーダーの最新曲「Last Danceの映像です。


 

12/7日にアップされたそうですが、海外では既に評価が高く話題になっているようです。 

 

予定よりも早く制作発表されたようですね。

 

映像は東電本社前からスタートし、経産省、財務省、最高裁判所、富士山、海の近くの原子力発電所を彷彿させる風景、大気汚染(PM2.5?)、戦争、農薬、薬、最近は放送禁止になっているかのような3.14の爆発映像などなど。

 

「全て繋がっているという事にいい加減、気づきなさい!」と言わんばかりの流れです!

表現者たる者、こうでなくては!!!

是非
とも年末のNHK紅白などでも流してほしいですね()

 

年末に紅白を見る習慣のない私が言うのも妙ですが。。

 

3.11後は本当によく思いますが、本来、クリエイターやアーティストは世の中の動きにも関心が高く敏感であったはずですよね。

 

小沢健二さんが「アートの力を信じる」というイベントで「アートという罠・アートではなく」という講演をしていたようですが、とても内容が面白く、敏感にキャッチしているな~と感じる内容でした。

 

 

気づいている人とそうでない人との差が激しい世の中に、色々と思うところはありますが、たった今はveggy入稿直前なので、今年最後の〆の制作に集中したいと思います(笑)。

 
隣では長女が楽器で遊んでいるのでα波でいっぱいですが(笑)。。。

 

 

 

 

 

プロフィール
HN:
吉良さおり
性別:
女性
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード