オーガニック&ベジタリアンライフ

[278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268



薬になる食べ物といえばSUPERFOODS!



スーパーフードとは、様々な栄養成分がずば抜けて含まれている食材のこと。

すっかり熱くなってパイナップルやマンゴーなど、南国フルーツが欠かせませんが、野菜や果物などの身近な食材の中にもスーパーフードと呼べるものが沢山あります♪
 
 

パイナップルは芯もスムージーに入れて食べましょう!

実や芯には抗炎症薬として使用されるブロメラインが豊富に含まれていますから、クールダウンに最適なのです♪

 日本でも古くから食べられているザクロも良くフラッペやローパフェなどで使います!



ザクロは女性ホルモンを整える食材として欠かせませんよね。

骨密度を高める効果もあったり、コラーゲン生成を助けたりと、あらゆる更年期障害をサポートしてくれるそうです。
 
  いつものグリーンスムージーもローホイップやフルーツを沢山入れるとパフェっぽくなって楽しいですよ♪



ローホイップはカシューナッツか生のココナッツが手に入れば、ココナッツ果肉で作ることもあります。

でもお家でココナッツクラッシュはハードルが高いですよね。。。

ローにこだわらなければ、ココナッツミルクの缶の上に溜まっているクリームで代用する手もあります。

これはこれでまた生とは違った風味でおいしいのです。

手作りのチョコフラッペは子供たちも大好きです☆



我が家ではカカオといえば、必ずローカカオ!

抗酸化力が強く、ビタミン・ミネラルが豊富で、何よりもおいしいローカカオは、毎日のおやつに加えたい天然サプリです!

穏やかな睡眠を促す作用のあるセロトニン”を作るサポートをしてくれる”トリプトファン”も豊富に含まれています。

このトリプトファンは、加熱したカカオよりもローカカオに多く含まれています。

他にも通常のカカオではなく、ローカカオを選ぶべき理由は沢山あるのですが、また別の機会に書きたいと思います。
 


旬のいちごは凍らせたヘンプミルクと合わせたり、

 

電車やデパートなど、どこへ行ってもキンキンに冷えていて、自律神経がおかしくなりそうな季節。。。

なるべくお家ではクーラーを使わずに、クールダウンさせてくれる薬になる食べ物で乗り切りたいですね!



↑こちらのレシピだけ最新号に掲載していますので、ぜひ作ってみてください☆

プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード