オーガニック&ベジタリアンライフ

[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
2015年3月にオープンしたばかりのアーユルヴェーダ×スリランカの家庭料理のレストラン。



ビュッフェスタイルで、クルクルした文字のシンハラ語が可愛い店内です。



蒲田の「ディディアン」というお店で、ホテルの1Fなのですがとってもラフな雰囲気で行ったときは満席でしたよ。



料理はどれもインドから伝わったアーユルヴェーダとスリランカ独自の伝承医療がミックスした優しい味です。

ついてくるお茶はアーユルヴェーダティーや白湯。

食事のときだけでなく、アーユルヴェーダではいつでも白湯を摂ることを奨めています。

東洋医学では全般的に、冷えが万病に繋がるという考え方だからでしょうか。

どんなに熱い時でも、特に女性は冷たいものは体に悪いと信じられているせいか、ほとんど食べないのだそうです。

だからスリランカの料理やデザートでは、冷たいものがないんですよね。
  
なんだか今年はスリランカが盛り上がりそうな感じですが、veggyが企画するスリランカツアーの申し込み期限も近づいてきました。

5月30日出発の「雑誌veggy企画・伝承医療アーユルヴェーダでデトックス&キレイを磨く 癒しの旅」の詳細はコチラです。

http://saray.co.jp/ayurveda/3705/

申し込み期限は4月中旬までです。

今回のツアーで宿泊するアーユルヴェーダリゾートホテルは、オープンしたばかりの「アーリアリゾート&スパ」、日本のハーブショップの「生活の木」が運営する「ツリー・オブ・ライフ」、スリランカで最も伝統のある「シッダレーパアーユルヴェーダホテル」の3カ所です。

まずはシッダレーパアーユルヴェーダホテルから紹介しますね。



↑ こちらは海に面した眺めのいい、食事をするオープンスペースです。



どの部屋もこんな感じの解放感で、広々としていますよ♪



 

アーユルヴェーダのメニューは沢山あるので、まずは診断してから選びます。

 

施設内も自然の中なので、ハーブ園もあり、色んな珍しいアーユルヴェーダのハーブを実際にみることができます。

詳しく知りたい方には説明してくれますよ!

ちなみに皆さんが頭に巻いているのは、施術後にマッサージで使った薬効性の高いオイルやハーブなどを地肌に浸透させるため、施術後にしばらく巻いておくのです。

なので、施設ですれ違う人々の多くがこんなターバン巻きで歩いたりお茶してたりして、楽しいですよ!
 
今回は基本のアーユルヴェーダの座学もあるので、少し学びたい方にはうれしい内容だと思います。

また引き続き紹介していきたいと思います♪

つづく


プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード