オーガニック&ベジタリアンライフ

[1]  [2]  [3
最近の私はというと、妊娠初期のつわりが前回よりもかなり重く、子どもの園の送迎だけでもとても辛くなってきました。

でも放射能対策で今は特に子どものお弁当や食事に手抜きが出来ないので、自分が食べたくないメニューでも作らなければいけません。

もともとは陰性体質だったカラダも、2度の出産を経験してからか? いつの間にかすっかり陽性体質になってしまったようです。

そのせいか毎日食べていた玄米が一切食べられず、かろうじて手作り玄米甘酒をスムージーやプディングにして食べるぐらいです。

こちらは玄米甘酒とイチゴのスムージー。



パンなら…..とも思ったのですが、焼きしめているせいかこれも今の私にはかなり陽性なようで、あまり食べたいとは思わないのです。

今食べられるのは、生野菜やフルーツといった陰性な食べ物など、主食はどうしても麺類が多くなってしまいます。

サラダの味付けもシンプルが一番。

こちらの白菜と人参のサラダの味付けは塩、レモン、オイルのみで、生の大根をローの白ゴマソースで合えたもの。



今までだったら全粒粉のパスタばかり選んでいましたが、これも白いパスタでなければ喉を通らない日々です。

お茶さえ受けつけない状態なので、飲み物はオレンジやリンゴのオーガニックジュースとペリエがほとんど。

妊娠すると誰しも臭覚などが敏感になりますが、やはり今回もニンニク、しいたけといった強い癖のある食材もアウトです。

毎日使っていたオーガニックのスキンケアも香りが穏やかなタイプに変えました。

食事に関してはちょっと心配になってしまいますが、産前が陽性体質の人は血液が濃いらしいので、今まで食べていたものを無理に食べなくとも胎児に栄養はいくのだそうです。

それでも私は心配なので、葉酸やスピルリナのサプリメントだけは毎日欠かさないようにしています。

スピルリナは放射能対策にも効くと言われているスーパーフードなので、妊婦さんじゃなくとも今はおススメしたい食材のひとつです!

そうそう、明日(2月23日)から都内数か所で先行販売する花月のベジラーメンには、なんと麺にスピルリナが練り込まれているんですよ。

そして毎回ベジラーメンと共に楽しみにしている方も多いベジギョウザの皮にもスピルリナが使用されているのです! 





今年は新たにベジイタメシも!



全店販売は3月上旬からスタートだそうです。

こちらは青山キラー通り店の様子。



そして一般の方向けに「キレイになれるベジラーメン女子会」という試食のイベントが3月5日に開催されます!

こちらは女性限定、先着順です!

私も当日は参加しますので、みなさん是非いらしてくださいね!

昨年夏以来の福岡で過ごした1週間、おいでハウスバンビの木箱でのWS、チェルノブイリハートのイベントも大成功でした!

午前中のトークショーは、放射能対策の食に関すること、ママ目線の子どもの事が中心でした。


写真:亀山ののこ

中央が自然育児のアイコンでもあるモデルの日登美さん

4人の子どもを育て、最近はWSも頻繁に行う本当に頼もしい女性です。

そして↓の写真左は“おいでプロジェクト”のメンバーの一人、そしてアメリを運営するたかみさん。

彼女も素敵な自然育児ママの一人です。


 
写真:亀山ののこ

午後の部では↓中央、長山淳哉教授の専門的な話が中心でしたが、放射能対策では具体的にラクトフェリンをあげてくれました。

ラクトフェリンは「被ばくからカラダを守る」でも紹介していて、現在ベジィ・マルシェでも販売しているのですが、私もおススメです。


 
写真:亀山ののこ

環境にやさしい住まいを提案するバンビの木箱でのWS。



放射能から子どもを守るにも掲載しているレシピを紹介しました。




こちらはおいでハウスにてWS.



毎日数家族で食卓を囲むのは楽しいですね!



おいでハウスの大掃除、子どもたちもお手伝いです!

子どもにとっては床拭きも大切な遊びですね(笑)。


写真:亀山ののこ

そんな様々な疎開母子が行き交くおいでハウスを管理してくれているのは、自然なお産を提案しているクレッセント・ムーンの由香さん。

 彼女は自然療法にとても詳しく、私も今年はバースプランでお世話になるかも!?


 
写真:亀山ののこ

 ともかく今回、実際に東北や関東から疎開した母子に多く会う事ができ、本当に色んな事を考えさせられ、私の今後の展開に大きな影響を与えてくれた気がしています。

本当に色んな方に感謝しています。

WS参加者の中には、疎開してもなお疎開前に受けたであろう高線量や低線量被ばくを心配していた方が多く、「今後子どもを産んでも大丈夫でしょうか?」と聞いてきた女性もいましたが、私はデトックス作用のある食事・対策を忘れず続けていれば大丈夫だと思っています。

そんな私も最近、第三子を授かったことに気づき、やはり頭を過ったのは放射能問題でした。

311後は、もしまた子どもを妊娠したら、出来る限り放射能の影響を避けるためにとりあえずは九州へ行くと決めていて、夫にも約束をしていました。

もちろん夫は東京へ残ることになりますが、今、私が最優先しなければいけないのは子どもを守ること、そしてその延長線上にある活動を続けることだと感じています。

そもそもVeggyを立ち上げたのも第一子目の妊娠がキッカケでした。

子どもの未来の為、その理由は母としてとてもシンプルでした。

そしてまた今回も、自分の中の新しい波や決意がひとつの命と同時にやってきました。

いつの間にか私を揺り動かし、エネルギーを与えてくれる子どもたちの存在。

今年は本当の意味で循環する生活を心がけて生きたいと思っています。

もし高線量・低線量地でも健全な子どもを産みたい方は、まず放射能汚染された土地から遠ざかるのが一番ですが、それが不可能な場合、たとえ国の定めた基準値であっても放射能汚染されたものを出来る限り避けるという事は重要です。

それと同時に免疫を上げるために添加物・農薬・化学肥料・遺伝子組み換えetc…、ケミカルで不自然なものを出来る限り体内に取り込まないということが大切だと感じています。

そして天然&古代製法の発酵食を生で意識して摂取してください。

食べ物以外で気をつけて欲しいのは、私がブログや本誌でも時々伝えてきた免疫系や神経に影響を与えると言われている電磁波などの問題でしょうか。

とにかくまだまだ多くの人に知られていない情報を、今後も少しづつ世の中に無理なく伝えていきたいと思っています。

あけましておめでとうございます!

1月は映画「チェルノブイリハート」の上映会の講演で福岡に1週間ほど訪ねる予定です。

私は、おいで福岡のシェアハウスに子ども二人を連れて滞在する予定です。

 こちらには既に原発事故後の影響で疎開された方たちが短期・長期で住んでいるそうです。

私はまだ行ったことがないのですが、自然あふれるシェアハウスでの生活が今から楽しみでもあります。

そして滞在中は「おいで福岡のシェアハウス」や「バンビの木箱」でのワークショップも予定しています。

これらを主催してくれているのは、おいで福岡プロジェクトの方々。

メンバーはみんな脱原発&放射能対策に本気で取り組むママ達です。 

福岡のママがこれだけ危機意識を持っているのですから、関東圏のママはもっと危機意識を高く持つべきだと私はいつも感じています。

実際に不安には感じていたとしても、全くもしくはさほど気にしていない関東圏のママや女性があまりに多いことに、いつも悲しくなってしまいます。

311福島原発事故がチェルノブイリ原発事故当時の放射能汚染を遥かに上回っていたということが年末に正式に発表されましたが、これは事故後9カ月以上も経過してからの発表です。

セシウム蓄積土地の汚染がチエルノブイリで最高148万~370万ベクレルのところ、福島では300万~3000万ベクレルだったという内容です。

311後、ずっと放出量はチェルノブイリの1/10だと公的には伝えられていましたが、なんと10倍だったということです。

もちろん、自分で原発&放射能について色々と調べていた方たちは、そんな公式発表は信じていなかったと思われますし、私も当然その一人であり正直「いまさら」という気持ちでした。

でも公式発表されない限り、自分で調べようとしない人々はとてつもなく汚染されているという事実を信じようとはしないものです。

しかもこの情報を正確にキャッチしている層がどれほどいるのかも疑問が残ります。

福島原発事故後の日本国の様々な対応は、先進国のとるべき対応ではないと感じている層がとても多いとは思われますが、私自身これらについてはいつもやるせない気持ちでいっぱいです。

現実を信じたくない人、伝えようとしても届かない人々、危機感の薄い人々。

こういった人々に知らせるにはどうすればいいのか、身近な人であればあるほどみなさんが困惑し、時には衝突し、頭を抱えてしまうことでしょう。

とにかく今は、危機感のある人同士が繋がっていき、より良い未来を子どもたちの為に築き、残していくしかないと思うのです。

今後、計り知れない多くの被害が出るのは未来のある子どもたちだという事を、私たち大人が強く自覚し責任を持って取り組んでいかなければならないと感じます。

年始からまたいつもの放射能の話ですが、今年は昨年よりももっと様々な被害が具体的に出てくると思われますから、私もできる限りの対策を伝えていきたいと考えています。

今年はまず何よりも「行動する」が私のテーマだと考えています。


 福岡でのイベントスケジュール

1月25日 おいでハウスにて放射能対策の座学

1月26日 10:30~ バンビの木箱にて放射対策のワークショップ (座学&デモンストレーション) 

1月27日 おいでハウスにて放射能対策のデモンストレーション 

1月28日 「チェルノブイリハート」上演会&トークショーinわじろ

午前はVeggyでもお馴染の日登美さんと、午後は長山淳哉(九州大学准教授)とのトークショーです。

まだ長山先生にはお会いしたことがないので、専門的な話題についていけるように著書の「放射線規制値のウソ」を読んでいるところです。

他にもダイオキシンといった環境問題の本も沢山書いている方だからこそ、放射能に対しても正しい危機感を持って伝えられるのだと感じます。

そしてこのイベントには、なんと託児所や小学生保育もあるそうです!(託児は1/21まで要予約) 本当にママにはうれしいイベントですね!

くわしくはコチラまで!

それから、私が大分県で育てている自然農のケールが1月9日からベジィ。マルシェに並びます。

9日に野菜が沢山並ぶので、ぜひお越しください。

野菜の入荷は毎週月曜日です。

そのほかは不定期で入荷するものもあります。

今月はマクロビのデモンストレーションもベジィ・マルシェのキッチンスペースで開催予定です。


そちらもぜひお越しください!


左の瓶がベントナイト・クレイ、右の白いボールが手作りバスボム

お風呂で子どもとデトックス
 

先週末のベジ&フォークに出店していたブースで、バスボム作り体験をしました。
 
長男が砂遊びの様に楽しく作っていたので、その帰りに早速薬局へ行き、グリセリンを購入することに。
 
その他の材料は片栗粉、お掃除用の重層、クエン酸なので、全ていつも使っているものばかり。
 
とっても簡単で作る時もお風呂でも、子どもと一緒に楽しめますよ!

 
バスボム・レシピ
 
〈材料〉 
重層 …… 大さじ4
片栗粉 …… 小さじ2
グリセリン …… 小さじ1
クエン酸 …… 小さじ4
お好みのエッセンシャルオイル …… 適量
 
〈作り方〉
1 重層、片栗粉を大きめのボウルに入れて良く混ぜ合わせる。
2 エッセンシャルオイルを加えたグリセリンを入れ、全体がシットリするまでよく混ぜ合わせる。
3 サラサラの粉が全体的にボロボロ、シットリしてくる。
4 クエン酸を一気に入れて良く混ぜ合わせる。
5 全体がムラなくしっとりしたら2等分に丸め、2日以上乾燥させる。
 
*形が崩れそうなときは、1~2日ぐらい茶きん絞りの様な感じで、キッチンペーパーなどにまいて入れておくと、形が定着します。
 
*グリセリンは使用前にお好みのエッセンシャルオイルを入れて香りをつけておきましょう。
 
クレイデトックス
 

私が参考にしているクレイセラピーの本

「被ばくからカラダを守る」にも掲載しているクレイ・バスですが、我が家では3.11後から子どもたちのお風呂の習慣になっています。
 
私が使用しているのは、放射能を強力に吸着するといわれているベントナイトのクレイ。
 
子どもが口に入れても心配ないように、食品グレードのタイプを選んでいます。
 
フランスではクレイを取り入れた美容法・健康法が普及しているので、日本のアロマテラピーのお店などではフランス製のものが手に入りやすいかもしれません。
 
チェルノブイリ、スリーマイル島の原発事故でも、作業員が作業後にクレイ・バスに入っていたという報告があります。
 
クレイは体内のプラスイオンをマイナスイオンに変える働きがあるのですが、放射性物資のストロンチウム、セシウム、プルトニウム、ウランなどはプラスイオンなので吸着される可能性が高いでしょう。
 
ただし、ヨウ素はマイナスイオンなので、クレイの吸着力は期待できないと思われます。
 
未だ放射能が収束しない中、週に1度でもいいので習慣にすることをおススメします。

 
クレイ・バスのレシピ
 

〈材料〉
塩 …… 1/2カップ
クレイ(ベントナイト)…… 1/2カップ
お好みのエッッセンシャルオイル …… 適量
重層 …… 大さじ2
 
〈使用法〉
クレイを水かぬるま湯に溶かしてエッセンシャルオイルを加え、お風呂に塩、重層とともに入れて入浴する。

注意:クレイは金属を錆びさせる性質があるので、体内に金属がある箇所は避けてください。お風呂が循環式浴槽(追い炊きつきなど)の場合、錆の原因になるので、クレイ使用中は追い炊き機能を使わないでください。
 
チェルブイリ原発事故後、子どもたちにクレイを混ぜ込んだチョコレートを配っていたという報告もあります。
 
ただ通常のチョコレートは白砂糖が心配なので、メープルシロップ、デーツなどの優しい甘みを使ったローチョコレートに食品グレードのベントナイトを少し混ぜるのがおススメです☆

 

ザクロ
 


これも週末のベジ&フォークで見つけたザクロ。
 
あまり生の新鮮なザクロは目にすることがないので貴重ですね。
 
その日のうちに全てスムージーに入れて飲んでしまいました。
 


長男は甘酸っぱさが苦手なので、バナナの甘さでカバー。
 
材料はザクロとバナナのみ、お水も加えていません。
 
なんとチェルノブイリのとき、ザクロも放射能対策に良いとされ、子どもたちに摂取をススメていた食品のひとつだったそうです。
 
かなり前に買ったローフード・メーカー、ナビタス社のザクロ・パウダーが棚の奥で眠ったままなので、今週からスムージーに入れて飲もうと思っています。
 
他にも最近、放射能対策にスムージーなどで取り入れているのはスピルリナパウダー、アサイパウダー、クコの実などなど。
 
こちらに関しては、次回に詳しくお伝えしますね!
 


放射能対策のせいか、最近はどうしても神経質になりがちな私ですが、そんなピリピリした気分をゆるめてくれるのが薔薇の香り。
 
フランスの自然食品店にはどこにでも置いてある「
パピエ・ダルメニィ社」の薔薇のキャンドルが一番のお気に入りです。
 
このメーカーのお香はもう20年近く愛用していますが、近年、薔薇の香りが発売されてから、ますますファンに☆
 

 
 
 
 
 
ようやくベジィ・マルシェのサイトがオープンしました!

ベジィから緊急出版された放射能本でもおススメしているアイテムなどをラインナップしています。

私も愛用しているゼオライト製品などのセットもありますよ。

他にも色んなベジィ食材やアイテムを揃えていく予定なので、たのしみにしていてくださいね!

そして私は今、ちょうどまた実家の大分県に戻っています。

今回はサツマイモの収穫と、畑の手入れ、あとはベジィ・マルシェで仕入れたい大分県の海藻の会社などを訪問していました。

夏の終わりに蒔いた種たちがもうこんなに大きくなりました。

 

ケールだけでも4種類植えたのですが、こちらは一番成長が早かったレッドロシアンケール。

 

ラディッシュも赤や白など4~5種類植えました。



ラディッシュが土に植わっているのを初めてみたのですが、コロンと土の上に出ている姿がとってもカワイイのです。



そうそう、今回は3歳になった長男もサツマイモ掘りを楽しそうに手伝ってくれました。



畑だと、適当に放っておけるので安心です。

兄の娘と一緒に柿をとったり、近所のお家に一人で遊びに行ったり、畑や山をかけずり回ったり、子どもにとって自然の中は一番の遊び場ですね。

多少転んだり、虫に刺されたり、擦り傷しても、野草シップなど色々身近な自然のものでお手当てしておけば大丈夫!という感覚です。

実際、私もそんな感じで育ったので、その辺は何も心配していません。



以前は怖がっていた虫たちにも、やっと少しずつ慣れてきたようです。

これはもう何十年も前からこの土地に自生しているというミョウガ。

そういえば、うちの実家の家紋がミョウガだったような!?だからでしょうか?



毎朝、摘みたての野菜やハーブ、野草で料理ができる!

都会では味わえないひと時、私にとっては楽園です。

この日のランチはケール、スギナ、梨のシンプルなスムージーと、色んな野菜を少しずつミックスしたガーデンサラダ、ナス、カブなどの浅漬け。

 

こちらは子どものおやつで、同じ村の方から頂いたかぼちゃで作ったパウンド・ケーキ。



こちらも地元の知人から山で見つけたと言っていただいたアケビ。

どうやって食べるのか分からない(笑)!



前に戻った時は、留守中、家の中にぬかずけがいきなり置いてあって、なんだろう?と思ったら、関東から移住してきた和泉さんからでした(笑)。

最近は農泊などもスタートした和泉さんの家にはヤギがいて、朝からあたりはヤギの声が響き渡っています。

それから、いつも夕方になると犬の散歩に出かける80過ぎのおばあちゃんも、本当によく栗や漬けものを持ってきてくれます。

もう20年ぐらい会っていないのに、まだまだ記憶がしっかりしていて、私の子どもの頃のことなどよく覚えてくれているのです。

そんな感じで、田舎ではもらいものがとても多いんですよね。

あいさつみたいな感覚でしょうか。

都会では忘れられている風景が、しっかりとまだ根付いています。

ここでは夕方の5時になると、近くのお寺の鐘が夜のはじまりを知らせてくれます。

ずっと田舎にいると気づかないことがあり、ずっと都会にいても気づかないことがあります。

どんな状況でも、いつも自分の信じる方向に進みたいな~と思う毎日です。



プロフィール
HN:
吉良さおり
性別:
女性
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード