オーガニック&ベジタリアンライフ

[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25

本日新しい号が発売しました!

少しずつ、ヨガ・ライフについても書いていこうと思います。まずは、かつて1ヶ月間参加したトレーニングでのお話しです。

ヨガに夢中になっていた数年前に、もっとヨガを探求したいと思い、色んな海外のサイトでトレーニング出来る場所を探していました。そんな時、私にヒットしたのは、世界中に多くのアシュラムを持ち、女性が一人でも参加しやすそうな気がした、シヴァナンダ・ヨガのインターナショナル・ティーチャーズ・トレーニングでした。

でも私はインドといった未開の地に一人で行けるようなタイプではなく、結局慣れ親しんだパリから2時間ぐらい離れた、ロワール地方で受けることにしたのです。フランス語、そして英語も通じるんだったら、なんとか私の適当な語学力でも大丈夫かな?という、それはあまりに単純な理由から……
しかもトレーニングの内容をあまり下調べもせず、思いつきのリトリート感覚で申し込んでしまった私にとって、そのアシュラムでの毎日はとてもハードでした。
昔から性格というか、何処かへ行きたくなったら気の向くままにサッサと行ってしまって、後で結構大変な事になるタイプなんですね。

フランスの片田舎にあるお城がアシュラムになっていたのですが、私の泊まる部屋は6人部屋で、しかも不思議と年の近い女の子ばかりで、まるで林間学校の様な雰囲気で楽しく過ごせました。その時は、ブルガリアやドイツ、スリランカ、オランダ、北欧、アメリカetc……21ヵ国の人々がトレーニングの為に集まっていました。ほとんどの人が、3~5ヶ国語は普通に話せる環境で、そこはまさにインターナショナルでした。

まず私が戸惑ったのはメディテーション(瞑想)やチャンティング(お祈り)。メディテーションやチャンティングの経験が無かった私は、周りの人に誘導されながら、よく解らないままに1日目が過ぎ去りました。シヴァナンダ・ヨガが、いわゆる肉体の為に行なうエクササイズ的ヨガよりも、チャンティング(お祈り)やメディテーションといった精神的なヨガに重きを置いているという事を、行ってからやっと気づいた私なのでした。

その頃の私は、かなり厳格にマクロビオティックを取り入れていたので、ミルクなどは絶対にNGでした。でもトレーニングでの食事は、乳製品はOKなラクトベジタリンのアーユルヴェーダ料理だったので、すぐさまお料理担当の人に、調理は出来る限り豆乳でお願い!などと細かい注文をしてしまいました。


続く……

プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード