オーガニック&ベジタリアンライフ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
先週いっぱい開催していた松屋銀座での美と健康フェア。

イベントには関西や九州など遠方からお越しいただいた方々もいたようで、皆様本当にありがとうございました!



先週末は新宿伊勢丹のビーアポ(ビューティーアポセカリー)にてLLMPさんがスーパーフード&ローフードフェアを開催していたので、私もトークショーで参加しました。



最近はローフードやスーパーフードと共にアーユールヴェーダにも注目しているLLMPのオーナーの伊藤さん

実は私も最近かなりアーユルヴェーダを取り入れているんです♪



こちらはLLMPで販売しているアイテム。

左がスリランカでは有名な薬効性の高いアーユルヴェーダのお茶「サマハン」で、私も冷えが気になるときや風邪気味の時によく飲んでいます。

そして右がスリランカで一番有名なアーユルヴェーダ施設&クリニック「シッダーレパ」が作っている歯磨き粉。

実はこのシッダーレパのアイテムもよくつかっています!

今年のveggyスリランカツアーではこの施設に滞在しますよ♪

そうそう、スリランカは歯がキレイな方が本当に多いんですよ!!!
 
キレイな歯にはアーユルヴェーダのスパイスやハーブなどに秘密がありそうです♪

あとは髪の毛がキレイな方が多い!!!

これはきっとヘナ&ハーブの影響だと思うのですが、実は私、最近美容室をヘナ専門サロンに変えたのです。

自宅のお風呂でヘナをすると汚れてしまって掃除が大変なので、ヘナはサロンですることに決めました!

長年通っていた美容室もいわゆる有名なオーガニック系だったのですが、なんだか違うな~と思って探していた時に見つけたのがヒーリングヘナのサロン「髪NISHIYA」。

オーナーの西谷さんはヒプノセラピストでもあったり、私の愛用しているホメオパシージャパンのチンクチャーやヘアケア、スキンケアをサロンでも取り入れていたりと、本当に行くだけで髪(正確には頭皮らしいです)がデトックスできるのを実感できるサロンなのです。

私自身、ヘナをした後にデトックスの好転反応が出たのは初めてで、耳の付け根のリンパ腺がはれたりとかなり驚きましたが、その後体調が良くなったので、1か月に1回は必ず通おうと思っています☆

ちなみにこちらのサロンはヒーリングヘナをメインにしているので、白髪染めなどでヘナとよく組み合わせるインディゴなどさえすすめていません。

西谷さんが「髪は神様だから大事にしてくださいね」といっていたので、しっかりケアしていこうと思いました。
 
体の中で栄養が不足したり、体調を崩すと、一番先に切り捨てられやすい部分が髪なのだそうです。
 
だから西谷さんは髪をみれば、その人に足りないものや、症状がなんとなくわかるのだとか。。。ちなみに私は「根菜が足りないみたいですね」と言われたので、最近意識して根菜を食べています(笑)!
 
話がそれましたが、ビーアポで私の大好きなコーナーはオーガニックワインのコーナーです(笑)!



トークショーの日もロゼのスパークリングを買いましたが、試飲も出来ますよ♪


こちらは、ご近所の笹塚ボウルの2階のイタリアン・ワインバー「MANIMAL」にて。



子供連れでも安心の禁煙&座敷スペースがあり、有機野菜や魚などの産地にもこだわっています。

夫は雑食なので、魚もお肉も食べますが、産地が明記されていると安心ですよね♪


アマゾンでも売り切れ続出のベジカフェガイド。

いつでもどこでも持ち歩けるようにと、情報量の割にかなりコンパクトになっていますが、あまりの反響にお答えてして、よりコンパクトなスマホなどでも気軽にチェックできればと、Fujisanマガジンにてデジタル版をスタートしました!

外出の多い方々の普段使いは、デジタル版でもOKかもしれませんね。

でも保存版にはやはり本がいいかな、とは思います。



私自身も、なるべくバッグの荷物は最小限に、旅行の荷物も最小限にしたい!

というタイプなので、日々の食事はもちろん、持ち物に関してもミニマムは人生のテーマのひとつでもあるので、デジタル版はかなりうれしい!!!

吸っては必ず吐き出さなければならない呼吸と同じで、私たちにとって何かをため込むことはとても不自然な事の様な気がします。

古代人と違って、自然と共存している感覚をついつい忘れがちな私たちは、どうしても常に毒をため込みがちです。

それは添加物・農薬・遺伝子組み換えといった複合汚染にまみれた食事やケミカルな薬・副作用の高いワクチンなどからだけではなく、心(思考や感情、過去のトラウマなど)からも作用しています。

ともかくデトックスには、まず食事を変えるのが先決ですから、是非「ベジカフェガイド」で安心・安全、ナチュラルなカフェやレストランを探して出かけてみてくださいね♪

まず食事をクリーンにすると、心の浄化も早いのですよ♪




これでリストは最後ですが、ホメオパシーをいかがわしく感じている団塊世代以上には、モネ、ゴッホ、ルノワールなど名だたる巨匠が愛用してたんだよ♪と伝えてあげましょう☆

ホメオパシーは単に側面的なを治癒するだけではなく、を治癒する療法なので、世界中の人々を魅了するアーティストなどが愛用していて不思議ではありませんよね♪

また、ホメオパシーでは単に体が治癒しても、心と魂が根本から治癒されない限り、また何らかの形で病は再発するとされています。

ホメオパシー愛好家

他ヨーロッパ諸国の君主

コンスタンチン・パヴロヴィチ・ロマノフ大公(Constantine Pavlovich Romanov
ツァーリ・ニコライ
アレクサンドル二世(Czar Alexander II
ニコライ・アドレルベルグ伯爵(Count Nikolai Adlerberg
国王ゲオルク五世(King George V
シュヴァルツェンベルク候カール・フィリップ(Karl Phillip von Schwarzenberg
ウィルヘルミナ・アウエルスペルグ王女(Princess Wilhelmina Auersberg
ヨーゼフ・ラデツキー(Joseph von Radetzky
ヴィットーリオ・エマヌエーレ国王(King Vittorio Emmanuel
女王イサベル二世(Queen Isabelle II
ドン・セバスティアン・ガブリエル(Infante Don Sebastian Gabriel
フリードリヒ・ヴィルヘルム四世(King Friedrich Wilhelm IV
ヨーゼフ総督(Viceroy Joseph

聖職者、精神的指導者

マザー・テレサ(Mother Teresa
レオ一二世(Leo XII
ピウス八世(Pope Pius VIII
グレゴリウス一六世(Pope Gregory XVI
教皇ピウス九世(Pope Pius IX
教皇レオ一三世(Pope Leo XIII
教皇ピウス一二世(Pope Pius XII
教皇パウロ六世(Pope Paul VI
ポール・カレン(Paul Cullen
クロンシュタットの聖イオアン
隠遁者聖フェオファン
アレクシス・エスパネ神父(Alexis Espanet
マクシミリアン神父(Pater Maximilian
ファウスト神父(Pater Faustus
J・M・ヴェイス神父(Father J. M. Veith
セオドア・ドゥワイト・ウェルド(Theodore Dwight Weld
セオドア・パーカー(Theodore Parker
ヘンリー・ウォード・ビーチャー(Henry Ward Beecher
ニック・アブドゥル・アジズ・ニック・マット(Nik Abdul Aziz Nik Mat
サイード・アフメド・ハーン・バハドゥール(Syed Ahmed Khan Bahadur
ラーマクリシュナ・パラマハンサ(Ramakrishna Paramhansa
シュリ・オーロビンド(Sri Aurobindo
ミラ・リチャード(Mirra Richard
マダム・ヘレナ・ブラヴァツキー(Madame Helena Blavatsky
スワミ・ラーマ(Swami Rama
ヨギ・バジャン(Yogi Bhajan
スリ・チモイ(Sri Chinmoy)

(「ホメオパシック・レボリューション--世界の有名人・文化人がホメオパシーを選ぶ理由--<仮題>」(ホメオパシー出版 92526日つくばにて販売予定)より紹介 ここで紹介した人物は、本書に登場する著名人の一部です。


 

  
Photo:Chocco Suzuki

昨年発売のveggy37号で特集した『デトックスしてキレイを磨くベジィな旅・スリランカ編』、ご覧いただきましたでしょうか。

 

今年からveggy的リトリート&観光ツアーを定期的に行っていきたいと思っていますが、2015年の第一弾目として、まずは『スリランカ・ツアー』を企画しています。

 

スリランカがオススメな理由は、まず空気がキレイだということ。

 

あとはデトックスに最適なアーユルヴェーダや食事が割と楽に実践できるということ。

 

まだまだ知られていないスーパーフード的な食材やアーユルヴェーダ薬草が豊富にあるという事、などなど。。。

 
 
Photo:Chocco Suzuki

せっかくベジィで企画するのですから、往復の機内食もベジタリアン・ミールを選べたり、アーユルヴェーダレッスンやベジタリアン対応のスリランカ料理を学んだり、一緒に食事をして、ヨガをして、少し学びつつ観光できる内容にしました。

 

色々体験してみたい方が多いと思うので、今回は1カ所ではなくアーユルヴェーダ施設も数カ所滞在する欲張りプランになっています()

 

ということで、取り急ぎ以下がツアー案内となりますので、詳しい内容はトラベルサライさんまでお問い合わせください!
 
エネルギーの高い「満月の日」を挟んだツアーとなります☆

 

今回は私も同行しますので、皆さんと色んなお話や体験をシェアできればと思います♪

 
Photo:Chocco Suzuki
   

  2015530日出発 ☆ 雑誌veggy企画 ☆

スリランカの伝承医療アーユルヴェーダでデトックス&キレイを磨く癒しの旅

 

◆お申し込み・お問い合わせ・資料請求はコチラ

株式会社トラベルサライ 東京営業所 観光庁官登録旅行1-1510

フリーダイヤル 0120-408-361 (月~金9:3018:00、土9:3013:00)

105-0013 東京都港区浜松町1-12-5 αHビル5F 

TEL03-5777-6326 FAX03-5777-6327

HP: http://saray.co.jp/ayurveda/3705/

 

ツアーの日までに、雑誌に掲載できなかった“おこぼれスリランカ記事”を少しずつアップしていきたいと思います☆


 

Photo:Chocco Suzuki

 

 

明けましておめでとうございます!

今年もveggyでは色んなイベントやワークショップ、リトリートツアーなどを企画していきたいと思っています。

まずは1~2月の案内です。

☆1月24日: タイガーナッツのロースウィーツWS

 
いつものように講師はNAOYAさん、Naohiro Maedaさんです。
お申し込みはコチラ


☆2月1日:アムリターラ・勝田小百合さんのWS
    

アンチエイジングの鬼で知られる勝田さんの美容・健康・アンチエイジングに関するお話です。

お申し込みはコチラ

今年もどうぞよろしくお願いします♪
プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード