オーガニック&ベジタリアンライフ

[144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134


放射能の汚染が懸念される中、都内の自然食品店でもハーブや葉野菜はあまり西や九州のものが手に入らないので、この際自宅のキッチンで育てようと思い、キッチン・ガーデンを始めてみました。



つい最近まで、全国的に堆肥のセシウム混入で出荷が停止状態になっていましたよね。

室内で育て始めたはいいけれど、土の汚染について色々と心配になり、植え替えの堆肥を自分で作ろうと、生ごみコンポストを今更ながら始めてみたのです。




これはチップの中に生ごみを入れて発酵させるタイプです。

手動で朝晩かき混ぜるだけなので、とても楽です。

関東にいると、どうしても放射能に対しては敏感にならざる得ないですが、対処できることはできる限りしていこうと思っています。


これは、放射能に効くといわれているホーリーバジル、そして定番のイタリアンバジル、パープルバジル。

この3種類は本当に普段よく使うハーブです。



そして、今年もそろそろサツマイモの出荷時期が近づきました。

10月は私も畑へイモ掘りに行きます。

先月、まだ成長途中のサツマイモを掘りおこし、子どものころのおやつの定番だった大分県の郷土料理のひとつ『石垣もち』をうちの子用に作ってみました。

切ったサツマイモに小麦粉、ノンアルミニウムのベーキングパウダー、塩、水を混ぜて蒸すだけのとっても簡単なおやつです。

ちなみに本来の石垣もちは、この材料にもち米粉と黒砂糖も加え、ベーキングパウダーは加えません。

今回はプレーン、シナモン、黒ゴマ風味にしてみました。

サツマイモの蒸しパンという感じです。



そしてこちらは、紫いもパウダーで色をつけたサツマイモ・プディング。



こちらは、長男が大好きなサツマイモのパンケーキ。




サツマイモの予約はコチラから☆




プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード