オーガニック&ベジタリアンライフ

[116]  [115]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
火曜日の早朝に、大分県へ子どもたちを連れて行くことを急遽決断。
 
日本の未来を担う子どもたちを助けなければ、日本の未来はない!と感じました。
 
夫やスタッフを東京に残すのはとても心配でしたが、たとえ東京で降り注ぐ放射能が微量であって、大人はなんとか大丈夫であっても、成長期の子ども、特に赤ちゃんや幼児に今後どんな影響があるかはわかりません。
 
家から空港に到着するまで「もし家族がバラバラになったら。。。」と考えると涙が止まらず、ボーっとしてしまい、こんな大変な時に、なんと来る最中に携帯を落としてしまいました!
 
でも無事に見つかり、実家に届けてくれることになりました。
 
悪用されたらどうしよう!と空港で二人の子どもを連れて一人あせっていたら、チケットカウンターで並んでいた、同じく二人の子どもを連れたお母さんが、「良かったら携帯つかってください」と貸してくれました(涙)。
 
ここが日本でよかった~と心底感じた瞬間でした!
 
話すと、彼女も私と同じく夫を東京に残し、大阪の実家へ行くということでした。
 
実はそういう子連れ疎開組が結構多い。
 
みんなが仕事をストップしたら、それこそパニックですからね。
 
もちろん、こんな時でも、震災・災害を利用した犯罪が多発しているようですが。
 
そうそう、今日、実家でニュースを見ていると、大分県の学校では、被災地の子どもたちを受け入れる準備を整えたそうです。
 
当分は被災地で生活するのは難しいでしょうから、安全な地方都市が子どもたちをどんどん受け入れることでしょう。
 
そして人口が減少した地方にも活気が出るでしょう。
 
そういえば、先週末からホメオパシージャパンにて、放射線対策などのレメディを無料配布しているそうです。
 
残念ながら私は立ち寄る時間がありませんでした。
 
なので、ヨウ素を含む海藻類、マクロビ的に陽性な味噌、醤油、梅干しなどを毎日摂取しています。
 
味噌は豆味噌が最も陽性、次が米味噌、その次がマクロビの定番である麦味噌です。
 
普段は麦味噌がバランス的に一番良いのですが、放射能は極陰性なので、なるべく極陽性食品を取り入れることで中和出来るそうです。
 
それにはやはり、植物性のオーガニック極陽性食品が一番好ましいと思います。
 
特に味噌に含まれるジビコリン酸という成分には、放射性物質を排出する効果があるそう。
 
チェルノブイリ原発事故の後、日本から海苔・納豆・味噌などがチェルノブイリへ送られ、 その後ヨーロッパで日本製の味噌が飛ぶように売れたそうです。
 
他には梅醤番茶や、ごぼう・梅・昆布・水を土鍋に入れて弱火で40時間ぐらい煮た梅ごぼうも超陽性なのでおススメ。
 
とにかく放射能に砂糖(特に白砂糖)などは厳禁!!
 
グルメなものやジャンクフードはいつでも食べられるので、今は我慢しましょう!
 
どうしても食べたければ、ドライフルーツやメープル、甘酒など、地味ですが上質な甘味を!

プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード