オーガニック&ベジタリアンライフ

[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187

 

先日、映画「未来の食卓Nos enfants nous accuseront)」「セヴァンの地球のなおし方Severn, la voix de nos enfants)」などで食を通して環境問題、その他遺伝子組み換えや添加物など、様々な警告を鳴らし続けているジャン=ポール・ジョー監督にインタビューしました。


 

今回の新作は遺伝子組み換えと原発についてが中心です。

 

フランスは現在58基が稼働中で、今までもセーヌ川でプルトニウムが発見されたりしているそうです。

 

そして日本は昨年の55日に全ての54基全ての原発がとまったものの、関西電力大飯原発3,4号機だけ再稼働スタートしてしまい今に至ります。

 

さて、遺伝子組み換えに関してはどうでしょう?

 

現状の日本では表立って開示されていないだけで、驚く事に既にあらゆる形で加工食品の原料として入ってきています。

 

当然ですが仮に遺伝子組み換え食品を使用していたとしても、加工食品に表示している企業は皆無に等しいです。

 

ただ遺伝子組み換えの種に関してはまだ侵入を防ぐ希望はあると思うので、新作の「世界が食べられなくなる日(Tous cobayes ?)」から遺伝子組み換え食物&種による取り返しのつかない多大なる損失を知って欲しいと思います。

人類も含めた自然界(地球)全てに関わる問題です。

 

これは原発についても同じ。

 

原発が仮に停止中でも廃炉中でも、燃料棒がある限り、3.11の様な震災が起こったらどこでも同じ事態を招きます。

 

ともかく今回の映画はTTPで揺れ動く日本へ向けられているかのような衝撃的な内容であったにもかかわらず、何故か私には希望が見えたのです。

 

こちらの詳しい内容は次号510日発売号のveggy掲載します♪

 

そして急に寒くなったり、日差しが強くなったり、桜の開花時期は毎年不安定ですね。

 

今年もお花見で中目黒を家族で散歩し、長男がスケボーにのりたいというので、70年代のヴィンテージのパーツを再利用してるという子どもサイズのスケボーを買いました。



 

まだ自転車にも乗れないのですが(笑)、パパと一緒に練習するのが楽しいようです。

 

そして東京のお花見も終盤ですが、今週末の4/6,4/7の土日は新宿のパークハイアットで開催されるオーガニックフェスタveggyが出店しています。

 

色んな催しがあるようなので、是非遊びに来てくださいね♪



ついでに、秩父市の大好きな天然酵母のパン屋さん「ラパンノワール」に飾ってあった「NO NUKES」の可愛いパン(笑)!




「ラパンノアール」は食だけではなく色んな情報交換の場所にもなっているようです!

 

プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード