オーガニック&ベジタリアンライフ

[248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238
すっかり肌寒くなりましたね~。

先週はいとうゆきさんの新刊「自分で作る乾燥食品・簡単おいしい52のレシピ」の出版記念にて、旧クルックカフェ原宿でマドンナのプライベートシェフで知られる西邨マユミさんとご一緒させていただきました☆
 

写真:へるし~どい

 左から着物姿の西邨マユミさん、中いとうゆきさん。
 
お二人とも現在アメリカを拠点に活動されているということで、この日はアメリカの健康食最前線というテーマでお話を伺いました。

マクロビオティック、ローフード、スーパーフードなどなど、様々な観点からのお話でしたが、私がなるほど!と思ったのは、現在ローフードでは47~8℃以下で調理しないと酵素が壊れると伝えられていますが、どうやら全ての食材がそうではないということなど。

日本食であれば、味噌汁を作る際に火を止めて味噌を混ぜるのが一般的な作り方で、これは旨みを引き立たせる効果がありますが、酵素を死滅させない効果もあるのですね。

要するに古代製法の酵母の生きている味噌であれば、ある程度の熱には耐えられるということで、その温度は決して47~8℃以下だとはいえないそうです。

いとうゆきさん曰く60℃でも大丈夫な食材は色々とあるとか。。。
 
いつもながら、お二人には毎回勉強させられることばかりです!

こちらの模様は11月号のveggyに掲載予定です。

 

後ろの方はあまり音響が伝わらなかったようで、大変申し訳ありませんでした!
 
それから日曜日の朝から恵比寿マルシェに出店したり、夜は田中さゆりさんのお食事会の日でした。

この日は早朝から子供たちを連れて恵比寿ガーデンプレイスにてマルシェの準備とスムージーの作り方の伝授を済ませ、夜のお食事会の準備をしていて全て終わったのは夜の11時過ぎでしたが、全く疲れませんでしたが、その秘密は。。。
 
 

さゆりさんのお食事会では、世界中でさゆりさんがローシェフとして開催したリトリートの話やベネフィットなどについてお聞きし、参加者のみなさんも色々とシェアして盛り上がった一夜でした!

本当にさゆりさんの料理を食べると、不思議とバイブレーションが高くなって嫌でも早起きできてしまいます(笑)!!!
 
とにかくさゆりさんの作るローフード×スーパーフードは“恐るべし”です!



ちなみに私が一番大好きなアイスはチョコミントで、選べるならば必ずチョコミントなのですが、このモリンガのローチョコチップアイスは絶品でした!!!

 

さゆりさんは世界各地でWSやリトリートを定期的にされています!
 
またveggyでも企画を考えたいと思います☆

Love Superfood !
プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード