オーガニック&ベジタリアンライフ

[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42




秋のせいか、シルバーウィークはひたすら読書の日々でした。読みたかった本を沢山読んで、私が読んだ中でも夫にもとりあえず知っておいてもらいたい本を数冊読んでもらって、世の中の様々な問題について話し合ったり、とても有意義な休日を過ごす事ができました。
もちろん、まだまだ読みたい本が山の様にあるのですが、この休日に私が読んだ数冊の中でも、多くの人に知って欲しいと思ったのが、まずジオデシック・ドームで知られる
バックミンスター・フラーの著書『宇宙船地球号』。デザインユニット生意気の一人デイヴィッドにインタビューした時、彼がとても影響を受けた本の一つだと話していて、その後すぐ読む機会のあった小児科医の真弓定夫先生の著書『自然にかえる子育て』の中でもバックミンスター・フラーの「諸所の汚染の中で、最も恐ろしい汚染は消費者の頭の汚染である」という名言が出てきたので、これはとにかく早く読まなければと思いつつ、やっと取り寄せて読むことができた本なのです。私達が未来に向けてこれからやるべきこととは?進むべきところとは?様々なヒントになることがきっと見つかると思います。

そしてもう一冊は数十分もあれば読めてしまう、世界中で翻訳されている、ジュエル・アンドレスの著書『
戦争中毒(原題:Addicted to War - Why the U.S. can't kick militarism)』。平和活動家のきくちゆみさんによる日本語訳です。現在、アメリカのとある学校では教科書としても使用されているそうですが、日本の学校でもあつかうところが出てくるでしょうか?せめてこういう本が学校の図書館に置いてあるといいですね。驚くべき内容ですが、漠然とした平和について深く考えさせられました。

そして昨日観にいった渋谷で公開中の『
未来の食卓
』でも、やはりさりげない平和のメッセージを垣間見ることができました。この映画ではオーガニックを推進していますが、映画の中でも動物性の消費を減らすことが環境改善につながるとハッキリ言っていますので、まだ観ていない方は是非見に行ってみてください!

菜食にシフトしていくことが平和につながる、それが常識になる日もそう遠くはないかもしれません。



プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード