オーガニック&ベジタリアンライフ

[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
 さて、ご存知でしょうか?日本では未だホメオパシーの目薬を作ることや販売する事が許可されていないらしいのです。他国はどんどん取り入れているというのに……遅い、遅すぎる!どうして??この素朴な疑問はまた別の機会に☆
 
実は子供のはやり目がうつってしまった私は、海外から市販のホメオパシー目薬が届くのをどうしても待てず、ホメオパシージャパンにチンクチャーを買いに走り、ついに自分で目薬を作ってしまいました!!そして、これがまた驚くほどヒットしてしまったのです!!!

「抗生物質使った方が早く治るよ~!」とか「薬を使わないと視力が低下するらしいよ!」とか、悪魔のようなささやきを毎日欠かさない夫でしたが、子供がホメオパシーでスグに完治したのを見て、「もしかして効くのかな~」と思い始めている様子です。
 
そもそも結膜炎などになって病院で処方されるのは、消毒用の目薬と、結膜炎などを抑える目薬の2種類ですよね。なので、それをホメオパシーで代用すると、消毒用にはカレンデュラ・チンクチャーを使い、結膜炎を抑える方にはユーファラジアなどのチンクチャーが良いのでは?ということになります。自分でカレンデュラとユーファラジアをブレンドしてもOKなのですが、ホメオパシージャパンのサポートφAIが一番便利かもしれません。私はこれで作りました☆

レシピ:沸騰させて冷ましたミネラルウォーター100ccにHJオリジナルサポートチンクチャー サポートφAI を5~6滴と塩1gを入れて混ぜるだけ。ちなみに塩1gは、ほんの軽くひとつまみぐらいと考えてください。わが家では岩塩しか置いていないので、岩塩を使いました。カレンデュラだけの時も同じ分量です。
注)保存料なしなので、サッサと一日で使い切りましょう!
 
まずこの目薬を目を洗浄するキャップ(ペットボトルに羽が生えたような形)に入れてパシャパシャ何度も洗って、その後あらためて点眼します。そして目の汚れや目薬の塩分で肌がヒリヒリするので、ふき取り様にカレンデュラウォーター、目を休めるときのパックとしてカモミールとフェンネルをブレンドした濃く煮出したハーブティーを使っていました。カモミールとフェンネルは、アロマセラピストで自然派ママ友の広子さんが「古代からこの二つのハーブは目薬として使われていたから目に良いよ!」教えてくれました。

そしてこれらをコマメに続けて、3~4日は物凄い勢いで好転反応が続き(ここでメゲナイこと!)、その後はどんどん回復に向かっています。完治した後もしばらくこれを続けようかな~と思っているぐらいです。ホメオパシーの目薬を使い続けた人の中には、視力などが改善された人もいるらしいのですが、私的にはなんとなくですが、瞳に子供のような透明感が出て目がキレイになりそうな気がするので……。パソコンを毎日使う人の疲れ目にもオススメです!
いやはや、今回のはやり目は本当に勉強になりました☆

今回、私と子供をサポートしてくれたのはコチラ ↓ ↓
プロフィール
性別:
女性
職業:
Publisher
趣味:
旅行 料理 ヨガ
自己紹介:
雑誌「veggy」発行人。1974年12月生まれの山羊座。20代からヨガをライフスタイルに取り入れるようになり、自然とベジタリアンの食生活を始める。2008年に雑誌「veggy」を創刊。6歳、4歳、2歳児の母。食事はマクロビオティック、ローフード×スーパーフード、アーユルヴェーダ、薬膳などを体調に合わせてチョイス。
I'm a Mom of Three, Loving Plant-based foods & yoga, President & Founder, Kirasienne Pubulishing Inc.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード